私たちの高岡 第1集
前へ 次へ
38.1918年(大正7年)の大雪
 1918年(大正7年)春の大雪は約1ヶ月にわたって降り続き、一階をうずめつくして交通は完全に麻痺状態になりました。その当時の最深積雪量は149cmでした。今のようにブルトーザー、トラクター、パワーシャベルのなかった頃ですから、さぞ大変だったでしょうね。写真は南町方面の大雪の状況です。