私たちの高岡 第1集
前へ 次へ
36.八丁道通過の前田候
 1915年(大正4年)6月27日、前田利長郷が亡くなられてから300年になったので、その子孫の前田利為候が夫人の漢子さん、付き添いの人達と一緒に利長郷の墓参りに来られた時、八丁道を通られた時の様子です。後に桜の名所として知られる様になった八丁道の様子と当時の乗り物や服装について、今とくらべてみましょう。