私たちの高岡 第1集
前へ 次へ
24.大正中頃の駅前広場
 大正中頃の高岡駅前のようすです。前方左の建物がグリーンホールで、中央が高岡駅です。グリーンホールというのは高岡で初めて建てられた鉄筋三階建のデパートなのです。今はとりこわされ地鉄高岡駅になっています。左のトラヤ食堂一帯が広場に拡張されたのは1947年(昭和22年)で更に昭和38年度からは駅前広場が大々的に拡張される計画になっています。その計画によれば約15,000平方メートルの広場になり、この当時(大正中頃)に比べて約6倍になる。