私たちの高岡 第1集
前へ 次へ
17.片原横町にあった高岡電灯会社
 高岡に電灯がつくようになったのは、1904年(明治37年)ですが、この写真は、その前の1903年(明治36年)12月片原横町にたてられた高岡電灯会社の建物です。そして明治の末頃までには伏木や新湊にも電灯がつくようになりました。その頃は今のような水力発電ではなく石炭による火力発電でありました。