私たちの高岡 第1集
前へ 次へ
14.明治末期の伏木測候所
 郷土の偉人、藤井能三は私財を投じて伏木港開発につくされました。その一つとして、1884年(明治17年)伏木港町に、私立の測候所を開設しました。この写真がこれで伏木測候所のはじまりです。現在のところに移ったのは1909年(明治42年)月です。